iPhone・iPadで動画編集

(無料)ロゴアニメーションをiPhone・iPadで作成できるアプリと作り方

こんにちは
たいじ(@taiji_papatano)です。

ロゴアニメーションって知ってますか?

動画の始まりなどに入れるちょっとかっこつけたイメージ動画のことです。

たいじもYouTube用に欲しいなと作ってみました。

作ってみた動画がこちら↓
*音が出ます

これくらいのレベルでよければ、iPhoneまたはiPadだけで作ることができるんです。

使ったアプリも2つだけで、最近であれば誰でも無料で使うことができます。

さっそく、使ったアプリですが。

使うアプリ
  • Keynote
  • iMovie

この2つだけです!

iPhoneを使ったことがある方であれば、見たことあるんじゃないでしょうか?

最近のiPhoneとiPadにはベースとして最初から入っていたりします。

さっそく、作り方を紹介します!

YoutubeにもUPしました

音が出ます

Keynoteでロゴを作る

まずはKeynoteを使っていきます。

新規で立ち上げサイズを調整

まずは作成画面まで進んでいきます。

Keynote1おすすめはこのどっちか

次に最初にやっておくことがあります。

「サイズの調整」です。

初期設定では「4:3」のサイズになっているので、「16:9」に変更します

Keynote2右上のメニューボタン
Keynote3書類設定を選ぶ
Keynote4スライドのサイズをタップ
Keynote516:9を選ぶ

ロゴを追加する

最初の設定ができたらロゴを作っていきましょう。

編集エリアをそのまま編集してもいいですし、右上の「+」ボタンからいろいろ追加も出来ます。

Keynote7「+」ボタンで追加可能

図形なども「+」ボタンで追加できます。

Keynote8図形の種類もたくさん

「+」ボタンの左隣のブラシのボタンをタップすると、文字、図形の色も変更可能です。

Keynote9

ロゴに動きをつける

ロゴが出来上がったら、あとは今まで追加した文字、図形に動きを付けていきます。

画面右上「・・・」をタップすると頃から始めます。

Keynote10トランジッションとビルドを選択

動きを付けたいモノから順番に設定をしていきます。

ビルドインが最初の顔の出し方、アクションがある状態になにか動きを付ける、ビルドアウトが最後のはけていく演出です。

たくさんの種類があるのでしっくりくるものを選んでみて下さい。

また、順番の調整などは右上にある「・-」こんなマークが3つ並んでいるものをタップで微調整が可能です。

Keynote11順番の入れ替え、それぞれのアクションのタイミングなどが変更可能

最後は動画として書き出し

このKeynoteですが、ただのスライドを作ってページをめくっていくだけのアプリではありません。

作ったスライドを動きも再生しながら動画として出力することが可能です。

Keynote12メニュー内の書き出し
Keynote21ムービーを選択
Keynote13必要に応じて設定を変更し書き出し

これで音は付いていないですが、動画が完成しました。

iMovieで曲を追加する

作った動画に音を追加するのに今回はiMovieを使いました。

プロジェクトの作成からムービー

iMovieに先ほど作った動画を取り込みます。

iMovie1ムービーを選択
iMovie2作った動画を選択、ムービーを作成

早速曲を追加

画面右上「+」ボタンをタップします。

iMovie3「+」ボタンをタップ

オーディオのサウンドトラックを選ぶと使える曲が開きます。

iMovie5ここで曲を選択します。

*なお、著作権フリーの曲などを前以て準備しておいて使うことも可能です。

iMovie6気に入った曲があったら「+」で追加

曲のフェードイン・フェードアウトの設定

追加した曲の始まりと終わりの音量を調整すると違和感が無くなります。

iMovie7音量、フェードと進む

逆三角マークでフェードの起点を設定します。

iMovie8始まり、終わりの調整

最後は左上の「完了」をタップで編集画面を終了します。

動画の完成→書き出し

曲を追加した動画を書き出していきます!

iMovie9ムービーを保存

おすすめは「4Kか1080p」です。

iMovie11画質を選んで書き出します

あとは終わりを待つだけで完成です。

まとめ

以上、ロゴアニメーションを無料でiPhoneまたはiPadで作る方法を紹介しました。

データなので何度でも消して作り直すことができます。

自分で納得のいくまで微調整を繰り返してみて下さい。

満足のいくものができると思います。

また、iPadと素晴らしく相性の良い動画編集アプリというものもあります。

有料ではありますがかなりおススメなので、今後はそちらも紹介していこうと思っています。