読書の仕方や考え方

読書内容を身につけるために知っておくと効率が上がる5つのポイント

読書内容を身につけようという画像

こんにちは!
たいじ(@taiji_papatano)です。

パパ
パパ

読書がためになると聞いて読んではいるものの、実際に読んだ内容が身についているか実感がわかない。モチベーションが続かない。

どうすれば本を読んだ後に成長したと実感できるんだろうか?

今回はこちらの疑問に対して僕の実体験をふまえ対策していきます。

信頼性を高める管理人情報

  • 多読にハマった時期があったが、ただただ読むだけで全く身につかなかった
  • 読書からの刺激もあり平日ほぼ日刊でブログの更新できるようになった
  • 1冊読み終わったときの充実感がしっかりと味わえている

読書は、人として成長するために大切な事。

この事は誰しもが知っていると思います。

よく耳にする言葉ですよね。

ただ、読書をして成長したと感じることができているでしょうか。

パパ
パパ

「読み終わったけど、読み終わった満足感だけじゃないかな?」

以前の僕はこういう感覚を持っていました。

その結果、本の冊数は増えていくものの内容が身についたという実感を得られることができないままでいました。

同じように身についていない感覚がある方が多いのではないでしょうか。

せっかくの読書。

読んだ内容を身につけて、成長していきたいですよね。

読書をする上で、意識しておきたいポイントを5つに絞ってお伝えします。

大事な5つのポイント
  1. 本に誘惑されない
  2. 読む目的をはっきりさせる
  3. 読み終わった後に記録をつける
  4. 書いてあったことをすぐに実践する
  5. お気に入りの本を見つける

今までの経験で分かった事はこの5つです。

5つのポイントを意識するようになってから、読書後の充実感を実感できるようになりました。

さらに、本を読む目的がしっかりとしているため、1冊の本を読む時間も短縮できるようになっています。

では、以下の項目でそれぞれのポイントを詳しく紹介していきます。

読書中は本に誘惑されない

魅力的と書かれた画像魅力に惑わされない

本の誘惑には負けずに、自分主体で読むことが大切です。

本には誘惑する文章がたくさんある

もともと興味があって手に取った本なので、書いてあることも魅力的な内容が多いです。

しかし、魅力があるといってもダラダラと読み続けることはよくありません。

本はボランティアではありません。

お金を払って買ってもらう必要があります。

そのため、読者を引き込むような構成になっているんです。

「ここは読み終わったけど、次のこれも気になるなぁ」

「全部読んでしまいたくなる」

こういった感覚になってくると、本に引き込まれている可能性があります。

本は家来で私は王様

10年以上前からたびたび目を通している本に書かれていたことが今でも印象に残っています。

私は一国の王。

やるべきことがたくさんあるから、家来との謁見の時間には長い時間を使えない。

謁見の時間を決め、必要な情報を必要なだけもらうのだ。

王様の速読術より

すみません、ちょっと文章は違うかもしれません。

要するに本が主役なのではなく、読む側が主役である必要があるという考え方です。

本を家来に例え、我々を一国の王様にしています。

家来は国が良くなるために必要な情報をたくさん用意してきています。

全部を受け取ろうと思うと、時間もかかりますし、受け取り切れません。

最終的にどの情報を採用するかを決めるのは、僕たちです。

読書をする前に目的をはっきりさせる

目的をはっきりさせる画像

読んだ内容が身についたなと感じられるようにするためには、目的をしっかりとさせておく必要があります。

読書の目的があいまいな状態で起こること

読書の目的があいまいな状態で本を読み進めることによって、もったいないことになってしまっています。

1冊を読み終わるには、エネルギーも時間も使いますよね。

しかし、本を読み終わったのにも関わらず、全く身についていない感覚に陥る時があります。

原因はしっかりとあります。

原因:本を読む目的が具体的になっていない

本を手に取ったときは、何かを期待していたはずです。

しかし、読み始めるまで、または、読んでいる途中で目的を見失ってしまうことがあります。

さらに、書かれている内容が影響して目的がうすれることがあるんです。

対策:読む前に受け取る情報は1つだけに絞る

本1冊にはすごい量の情報が詰まっています。

情報がありすぎるんです。

全部を取り込もうと思うと、頭が一杯になってしまって逆にわからなくなります。

軸は1つにして最後まで崩さないでおくことが重要です。

極論を言うと、この1つも目標をクリアするためだけに本を読み進めることで、着実に読書内容が身になっていきます。

読書後は記録をつける

ホントねる羊本を思い返す

読書記録をつけることに対して賛否両論ありますが、基本的に記録をつけるのには賛成です。

読書記録をつけることの効果

読書記録をつけることで、知識の定着につながっていきます。

読んでまとめる。

まとめたことをたまにまた見る。

読書記録の中には、読んだとき感じたことや自分なりの考えなども書かれています。

読書記録を見返すことで、読んだ当時のことも一緒に思い出すことができます。

読んだ内容が頭に残りやすくなってくれることが大きなメリットです。

また、見返すことによって本の内容がしっかりと記憶に定着してくれます。

最後は自信につながる

読書をして、読書記録をつける。

読書記録を作ることが習慣になっているとします。

1冊読んだごとに記録が1つ増える。

繰り返していくと、いつしたすごい量の読書記録が出来上がっています。

100冊読んだら、100冊分の読書記録。

今までやってきたことがそのまま目で見えるので、自信にもつながっていきます。

読書後すぐに実践(アウトプット)する

書く練習をする子供アウトプットは大切

「は〜読み終わった。満足。」

これだけでは勿体無いです。

書かれている内容を実践してこその成長です。

まずは1つだけ実践する

実践と書きましたが、人に話すでもいいです。

俗に言うアウトプットですね。

本を読んだことで、さまざまな知識を手に入れたと思います。

全部を実践しようと思うと相応の時間とエネルギーがかかります。

またはタイミングが違うかもしれません。

1番重要な目的を達するために本を読んでいるので、本から得た情報を身につけるために1つだけすぐに実践してみてください。

アウトプットしようとした時、うまくできないことがあります。

わかった気になっているだけで、実はぜんぜんわかってないかもしれない。

そんなこともたまにはあります。

わからなかったら、また読めばいいだけなので、まずは実践したり人に話したり、ブログに書いたりしてみてください。

後回にするとやらなくなる

なぜ、読み終わってすぐに実践する必要があるのか。

後回にするとやらなくなるからです。

さらに、内容も忘れてしまうから。

あとからやろうとして、できた経験はありますか?

僕はめんどくさがりやなので、後回にしたことは基本的にはてをつけなくなってしまします。

読み終わったタイミングはちょっとテンションが上がっているので、いいテンションのままアウトプットをしてみてください。

お気に入りの本を見つける

本の世界の画像お気に入りの本を見つけよう

何回も読み直したい本に出会うことがまれにあります。

そのお気に入りの本は、何回も何回も読み込んで全部を吸収すると充実感を超えて自分の人生を作る1つの柱となってくれます。

僕の場合は、さきにあげた王様の速読術がまさに大切な1冊です。

お気に入りの本はいつも近くに

よく座る椅子や机の近くに置いておくことがおすすめです。

気になった時にパラパラっとめくるだけで、読んだときの記憶が呼び起こされます。

この、思い出すという行為が何度も繰り返されることによって、脳は大切な情報と感じてくれます。

長期記憶という言葉を聞いたことがると思いますが、繰り返すことで読んだ内容が長期記憶として認識されるようになるんです。

しっかりと何度も読み返す

読み返していくと、そのときの状態によって新しい解釈や感情が生まれることがあります。

新しい発見ですね。

読み返すことによって、本に書かれている内容がしっかりと定着していきます。

さらに新しい発見もあることによって、どんどんと成長している自分を実感できるようになります。

実感できる例

  • ただ流していたところが重要と気づけた
  • 逆に重要そうだったけどそうでもなかった
  • わからなかったところが理解できた

少し時間が経った後に読み返すことで、こういった感覚にも出会えます。

身につけるにはオーディオブックも便利

オーディオブックもだいぶ世間に広まってきましたね。

使い方は様々ですが、このお気に入りの本を何度も読むことにオーディオブックが適しているんです。

通勤時間や本を読むことができないタイミングでも、音を聞くことはできることがあります。

音を聞ける時間をお気に入りの本を読む(聞く)時間に当てて、どんどん吸収していくことが良い使い方だと感じています。

Audibleのレビューの画像
Audible(オーディブル)レビュー!メリット・デメリットとおすすめの使い方ついにAudible(オーディブル)のデビューを果たしました。ここの記事では実際に使ってみた上での感想と、こういう使い方をすればいい影響が出てくるかもというメリットなどなどを紹介しています。...

まとめ

読書内容を身につけるためにいしきしておきたいことを5つのポイントとしてまとめました。

大事な5つのポイント
  1. 本に誘惑されない
  2. 読む目的をはっきりさせる
  3. 読み終わった後に記録をつける
  4. 書いてあったことをすぐに実践する
  5. お気に入りの本を見つける

しっかりと本の内容を身につけたいと思うのであれば、オーディオブックまで手に入れることがおすすめです。

目で読んで、耳でも読む。

しかも繰り返して。

そうすることで、本の内容が体の中に染み込んでいってくれます。

今なら無料で1ヶ月のお試しができるので、感じてみてください。

おすすめはお気に入りの本を耳でも読む。

です!

Audibleのレビューの画像
Audible(オーディブル)レビュー!メリット・デメリットとおすすめの使い方ついにAudible(オーディブル)のデビューを果たしました。ここの記事では実際に使ってみた上での感想と、こういう使い方をすればいい影響が出てくるかもというメリットなどなどを紹介しています。...
一緒に読まれている記事