読書の仕方や考え方

読書で得られるメリットを知って習慣作りをさらに加速させよう

読書のメリットの画像

こんにちは、
たいじ(@taiji_papatano)です。

今回の記事は、読書をさらに好きになったり、これから読書の習慣をさらに濃いものにしていきたいという方向けに書きました。

読書をすることで得られるメリットはすごくたくさんあります。

今回はたくさんある中で、どんな人でも特に感じることができそうなメリットをまとめました。

僕は読書が好きです。

本を読めば、今まで知らなかったことを知ることができるし、思いつかなかった考え方やアイディアをすぐに自分のものにすることができます。

ただ、読み切れていない本がたくさんあるのも事実。

読書を毎日の日課にしたい!なんとか習慣にしたいなといった気持ちを持っている方に、頭に置いておきたい3つのメリットでお話しします。

こういったメリットを知ることで、読書を習慣にしたいと少しでもやる気のお助けになれたら幸いです。

3つのメリット

  1. 読み終わった達成感
  2. 知識・能力UPに直結
  3. 自己発見や整理

さきに3つをあげました。

以下で、詳しく書いていきます。

読み終わった達成感

丘の上でガッツポーズする人達成感って気持ちがイイ

僕が読書をしている中で、読書っていいなと感じる1番のポイントが、この「読み終わった達成感」かもしれません。

1冊の本を読み終わった時、1個の仕事を片付けたような達成感を得られます。

さらに、読む前と読み終わったあとではなにか成長したような気分にもなれます。

この達成感を積み重ねていくにつれて、ものごとを最後までやりきるクセもついてきます。

仕事が終わった時にはまた達成感を味わえるというような感覚です。

細切れの時間で少しずつ読み進めていくのもいいですが、やはりこの快感を得られるのは一気に読み終わった時の方が大きいです。

せっかく本を手に入れたのなら、最後まで読破したいですね。

知識・能力UPに直結

成長を目指す画像能力がアップ

読書をすることによって、知識と能力を強化することができます。

集中力UP!

集中力をUPさせるには、興味が湧く読みやすい本から始めると効果的です

文字を読む、理解する、といったことには思ったよりもエネルギーを使います。

特に頭の中のエネルギーです。

目の前にある本へ意識を向けていないと、読み進めたとしても自分の中に残っていません。

テレビを見ながら人と話している時、
「あれ?今なんて言った?」と聞き返してしまうことがありますよね。

一時的には頭の中に音として入ってきているものの、入ってきた音に意味をなしていないと認識してしまうんです。

読書も同じで、読んでいるつもりでも集中し、意識していないとなにも頭に残りません。

まずは興味が湧く本を集中して読み進めてみる。

興味が沸く本は簡単に集中できるので、集中している感覚がどんな状態か感じ取りやすくなります。

ちなみに、僕は昔ハリーポッターにはまっていた頃がありました。

昼ごはんを食べ終わってから読み始め、読み終わった頃には夕方になっていたという経験があります。あの時の集中力は素晴らしいものでした。

この、没頭している感覚を覚えておけば、他のことにも集中しやすくなります。

表現力UP!

本には自分が持っていない表現がたくさん詰まっています。

本を読んでいると、いつも、自分ならこんなにうまく説明できないなぁと感心させられています。

表現方法を自分のものにすることができるのが読書

いろんな表現に触れ、どんどん取り入れていくことで自己成長につながります。

思考力UP!

本に書いてあることをしっかりと学ぶためには、頭を使うことが不可欠です。

著者が言っていることを順序立てて理解する必要があります。

さらに、速く読むためには思考を巡らしながら読み進めることになってくるので、頭の回転速度が必然と上がります

読書に慣れてくると、読み進めるスピードも速くなります。

論理的思考、頭の回転などなどが向上していくことにつながるのです。

インプットによって自分を発見

発見や発想の電球の画像なにか気付くモノがある

ちょっと意味がわからないですよね。

読書をすることで、自分と違った意見や全く意識したことのない事柄のことを考えるキッカケができます。

自己発見

「自分って空っぽだな」そんなことを感じることはありませんか?

たくさんインプットしていくことで、自分という人を見つめることもできます。

誰かと話している時、話題が見つからない、いつも浅いコメントしかできない。

そんなことを感じたことはありませんか?

僕はよくあります。

特にブログを書こうとした時、「あれ?どんなことを書けばいいのかわからないや」などなど。

周りの人はどんなことを考えているのか、またはどういった解決策を持っているのかを本から得ることができます。

自分の知らないことなどがわかるので、成長を感じられます。

自己の整理や再認識

世界には一生かけても読み切ることができないほどの本があります。

その本を少しずつでも目を通してくことで、いろんな発見があります。

  • 著者はこう言っているけど自分はこう思う。
  • 書かれていたこれってなんだ?知らないなぁ
  • これは実は間違っていると思う!

などなど。

読書をしている時に湧き上がってくる感情へ大切に耳を傾けてみます。

自分を見つめなおしたり、自分ってどんな人なのかを理解することができます。

さらに、そこからどんな人になっていきたいか、どうしていくと良いのかまでも読書で得られます。

まとめ「読書で自分をさらに成長させられることがメリット」

読書をする事で、いろんないいことが起こります。

今回は僕が考える3つのメリットと題してお届けしました。

読書をすることはただ知識を得る事だけではなく、自己発見など様々なメリットがあります。

ぜひ、自分なりの読書の楽しみ方を見つけてください。

PS:最近、読書術や速読といった分野に興味を持っています。

せっかく読書をするなら早く読んでみたいし、深く理解してみたい。

もう興味がつきません。

こういった、新しいことへの欲をかき立ててくれるのも、読書の良いところだと思います。

このブログでは、おすすめの読書の仕方や読書によって成長する方法なども紹介しています。

ぜひ、他のページも見てみてくださいね。

一緒に読まれている記事